“栄養価が高く安全で、旬な採れたて野菜を食べてもらいたい”

しゅん農園の野菜は、野菜に必要な有機質肥料しか使用していません。完全無化学肥料・無農薬で栽培されたしゅん農園の野菜は、お子様にも安全に食べていただくことができます。

見た目がキレイな野菜は必ずしも栄養分が高いとはいいきれません。しゅん農園は、見た目がキレイなだけで栄養価が低い野菜ではなく、見た目がキレイな野菜の10倍以上の栄養分を含んだ野菜を作ることを目標としています。野菜本来の力を引き出すような栽培方法を埼玉県入間郡毛呂山町にある畑で実践しています。

 

お客様に本物の野菜の味をお楽しみいただけたら幸いです。

​農園スタッフのご紹介

IMG_9561 (1).JPG

​三好隼平(代表)

自由の森学園高等学校の選択授業を通じて農業と出会う。座学が不得意な三好にとって、農業は唯一面白いと思える学びであった。その後、八ヶ岳中央農業実践大学校へ進学。卒業後、全国各地の有機農家で短期研修を重ねる。その後、山口県山口市にあるなかむら自然農園に師事する。4年間研修生として働き、嫁・藤原緑の地元である埼玉県毛呂山町での就農を決める。

IMG_9579 (1).jpg

​藤原緑(広報/営業)

自由の森学園高等学校卒業後、山口大学経済学部へ入学。同大学を1年半休学し、株式会社FoundingBaseに勤務。島根県津和野町を拠点に地域活性化のための活動をおこなう。町内の有効な自然資源を活用し、子ども向け教育プログラムの企画・運営を行った。現在は山口大学を卒業し、東京で会社員として働きながら、しゅん農園をサポート

  • Facebook Basic Black
  • ブラックInstagramのアイコン